社内SEにはプログラミングスキルが必要なの?

ひとりでシステム保守や更新を行う社内SEにとってプログラミングスキルは必要なものに思えますが、実際はどうなのでしょうか?勿論、プログラミングスキルは転職の上でも、転職してから業務をこなしていく上でも、持っているに越したことはない技術です。ですが、プログラミングの技術は日々進化していますし、その範囲はとても広いものです。本職であるプログラマーにとっても、それら全てを把握するのはかなり困難と言えるでしょう。

そもそも転職先の企業によっては、プログラム関連業務は一切任されなかったり、既に社内プログラマーがいたり、全てのプログラミングを外注委託している場合もあります。この場合であれば、プログラミングのスキルは必要ではないと言えますね。とはいえIT関連全てを任されるわけですから、最低限必要な知識やスキルは身に着けておき、その後は必要に応じて都度学んでいくという形がベストと言えそうです。最低限と言うと、こういったシステムを作るのに最適な言語はこれで…といったようなことが分かれば良いのではないでしょうか。必要なことに関しては、実際にプログラマーと打ち合わせをする機会で学んでいけばいいのです。

たとえば家の設計士は、家を設計することはできても、家を建てることはできません。一方、大工は家を建てることはできても、家の設計はできません。お互いが持つスキルで協力し合い、一つの家が建つのです。これはまさにSEとプログラマーの関係そのものです。先程の例のように、お互いの協力があって成り立っていますよね。ですから、社内SEとして転職先で働く場合際には、プログラミングのスキルよりも、これまでと同じようにチームとして協力しながら業務を行っていく、といった態度や精神がとても重要になってくる訳です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です