社内SEに必要な○○スキル

社内SEとして働く上で、これまでとは違った能力やスキルが必要なのか、社内SEに転職を考える時に、何か特別なスキルを持った上で転職活動をした方がいいのか…。転職する上で大きな不安を感じる部分ですよね。どのような会社で働くかにもよりますが、結果から言ってしまうと、大抵はこれまでと同じような能力やスキルで対応することが可能です。これまでと同じ、というとどんなスキルが必要となってくるか、という部分を詳しくお話していきましょう。大きく2つに分けて、次のようなスキルを求められます。「コミュニケーションスキル」と「技術的スキル」です。かなり大まかなので、詳しい説明をしていきます。

まず「コミュニケーションスキル」について詳しく見ていきます。社内SEの業務として、社内のIT関連の要望やトラブルへの対応があります。つまり、まずどのようなシステムが必要なのが、発生しているトラブルはどういった内容なのか、について社員からヒアリングすることが求められます。その説明をする社員が、専門用語をほとんど知らないような、ITについてあまり知識のない社員であることも少なくないでしょう。そんな時にも相手の話を一生懸命聞き、要望やトラブルを解決するために必要な事項をしっかりと聞き出すことが必要となります。そこで欠かせないのが、「コミュニケーションスキル」なのです。

例えば、これまでの経験の中で、打ち合わせをするときに相手にこちらの言うことをきちんと聞いてもらえず、話が噛み合わなかった…といったことがあったかもしれません。そんな人とする仕事はなかなか上手くいきそうにないですよね。社内SEは社員の言葉をしっかりとヒアリングし、社員の問題や要望を把握することが最初の重要な業務といえます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です