未経験で社内SEに転職するには?

 

ITに関するさまざまな知識やスキルが必要となる社内SE。当然転職においても経験者でないと上手くいかなそうですよね…。でも、未経験者の転職を歓迎・優遇してくれる企業もあるのです。何故受け入れてもらえるのか、それには大きく3つの理由があります。

まず、SEの需要が増加し、それがこれからも続くため。
日々発達するIT技術により、IT業界は常に人手不足であり、それに伴いSEも足りていないのです。IT業界に限らず、今後より重要度が上がるだろうITに詳しいSEを社内に配置したいと考える会社も少なくありません。加えて、SEの需要増大の大きな理由が、外資系の企業に優秀なSEが転職してしまっているからなのです。この現状に、SEを含めたITエンジニア職を希望する未経験を受け入れたいという企業もあるんですね。経済産業省のレポートによれば、2030年にはIT技術者の不足が78.9万人にも上るとされています。

[社内seになりたい人必見]転職を成功させる方法と求人情報

次に、SEを養成する環境や未経験者のための独自研修プログラムが整っている企業があるため。社内独自のSE養成プログラムを持っている企業であれば、入社後ある程度の期間集中して研修を受ければ、SEとしてやっていくに足る人材になることができます。未経験でSEを目指す場合は研修等の制度のチェックを忘れないようにしましょう!

そして最後に、SE未経験者の方が素直で柔軟性があるため。SEとして雇うか否かを決定する際に素直で柔軟性があるかを判断材料として用いることが多いのです。SEとしてのスキルや経験は必要な場合と、逆効果となってしまう場合もあります。例えば、企業の求めるものとは違うやり方で開発をしようとしたり、アドバイスを受け入れない時があるなどです。つまり、最終的には経験やスキルではなく、人格や性質がその企業に合っているかが評価されるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です