未経験で社内SEに転職するには?

 

ITに関するさまざまな知識やスキルが必要となる社内SE。当然転職においても経験者でないと上手くいかなそうですよね…。でも、未経験者の転職を歓迎・優遇してくれる企業もあるのです。何故受け入れてもらえるのか、それには大きく3つの理由があります。

まず、SEの需要が増加し、それがこれからも続くため。
日々発達するIT技術により、IT業界は常に人手不足であり、それに伴いSEも足りていないのです。IT業界に限らず、今後より重要度が上がるだろうITに詳しいSEを社内に配置したいと考える会社も少なくありません。加えて、SEの需要増大の大きな理由が、外資系の企業に優秀なSEが転職してしまっているからなのです。この現状に、SEを含めたITエンジニア職を希望する未経験を受け入れたいという企業もあるんですね。経済産業省のレポートによれば、2030年にはIT技術者の不足が78.9万人にも上るとされています。

[社内seになりたい人必見]転職を成功させる方法と求人情報

次に、SEを養成する環境や未経験者のための独自研修プログラムが整っている企業があるため。社内独自のSE養成プログラムを持っている企業であれば、入社後ある程度の期間集中して研修を受ければ、SEとしてやっていくに足る人材になることができます。未経験でSEを目指す場合は研修等の制度のチェックを忘れないようにしましょう!

そして最後に、SE未経験者の方が素直で柔軟性があるため。SEとして雇うか否かを決定する際に素直で柔軟性があるかを判断材料として用いることが多いのです。SEとしてのスキルや経験は必要な場合と、逆効果となってしまう場合もあります。例えば、企業の求めるものとは違うやり方で開発をしようとしたり、アドバイスを受け入れない時があるなどです。つまり、最終的には経験やスキルではなく、人格や性質がその企業に合っているかが評価されるのです。

社内SEの転職に有利!持っていると使える資格

社内SEになるために必ず必要な資格、というものはありません。ですが、資格を持っていることで、自分がスキルや能力がある証明として転職に有利になりますし、会社によっては「資格手当」がある場合も。難易度の高い資格を持っていれば、より多くの手当てがもらえることもあります。ここからいくつか社内SEの転職に有利になる資格を紹介していきます。

 

まず、基本情報技術者です。基本情報技術者とは、国家試験(経済産業省主催)である「情報処理技術者試験」の中の資格。情報処理に関する知識や、IT業界で働くための基本的な知識がどれだけあるかを問うものとなります。 試験要綱には、「高度IT人材となるために必要な基本的知識・技能を持ち、実践的な活用能力を身に付けた者」との記載があります。

次に、システムアーキテクト試験です。この資格は依然「アプリケーションエンジニア」と呼ばれていた国家資格で、情報システム、そして組み込みシステムにおけるシステム開発やアーキテクチャーの設計をする人を対象としたものです。 試験の内容は、情報・組み込みシステムにおける専門的かつ高度な知識を必要とし、合格率は毎年15%程度とかなり難易度の高い資格となります。この資格を持っていることは、社内SEの転職においてかなり有利と言えるでしょう。キャリアアップにも使える資格ですね。

最後に、ネットワークスペシャリスト試験です。 ネットワークシステムの運用・構築に関わるインフラ系エンジニアやネットワークエンジニアに加え、そういったSEになりたい方が受験対象となる資格です。試験内容は、ネットワークシステムの保守・運用・開発に関する知識や、主にネットワークやネットワーク・アプリケーション技術に関するより高度な知識について問われます。こちらも合格率は毎年約14%とかなり難易度の高い資格になります。ネットワーク系のシステム開発業務に携わる、または携わりたいのであれば、この資格が有利に働くでしょう。

いくつかの資格を紹介しましたが、勿論資格がないと転職できない訳ではありません。企業によって資格取得サポート制度があるので、それを活用して取得を目指してキャリアアップにつなげるのも良いですね!

皆に聞いた!社内SEのやりがいと魅力

たくさんの先輩社内SEに社内SEのやりがいと魅力について聞いたアンケートを見てみましょう!

・職場環境のすばらしさ
これまで納期のある業務を行っていた時は、納期が近づくにつれ深夜帰宅が当たり前の生活でした。しかし、社内SEになってからは、残業があることはほとんどなく、快適なサ毎日を送っています。

・コミュニケーションスキルの向上
社内にずっといて社員のITに関する問題に対応しているので、コミュニケーションをいかにとるかが重要となります。全ての社員が専門用語を分かるわけではないので、場合によっては、専門用語を使わない平易な言葉で話すことも必要になります。また、さまざまな立場の人とミーティングをすることも多くあり、そういった際にもコミュニケーションスキルが磨かれていると実感しています。

・大きな充実感、達成感が持てる
客先常駐の場合一人での作業が主で、チームで動いている実感がなかなか持てませんでした。ですから、チームで動くことが多い社内SEは、構築していたシステムが完成した時など、業務が終わった際の充足感や達成感がかなり大きいのです。チームでやったんだ!という感覚もとても良いものです。

・スキルアップの実感
社内のIT関連のトラブルを一手に引き受けることになりますので、自分が知らない知識や経験したことに関して対応しなければいけないこともあります。
そういった時に都度調べて対応していくことで、スキルアップと知識の増加に繋がったと感じています。

・自社への責任感、影響力
会社の業務の根幹とシステムの保守・運用・サーバ管理を担当しています。トラブルが起きれば、業務のストップにもつながりますし、トラブルの間の売上も落ちてしまいます。自分の仕事が自社全体に大きな影響があると感じることで、かなりの責任感を感じていますが、それが大きなやりがいとなっています。
先輩社内SEはさまざまな魅力とやりがいを感じているんですね。あなたもより社内SEを目指したくなったのではないでしょうか?

社内SEにはプログラミングスキルが必要なの?

ひとりでシステム保守や更新を行う社内SEにとってプログラミングスキルは必要なものに思えますが、実際はどうなのでしょうか?勿論、プログラミングスキルは転職の上でも、転職してから業務をこなしていく上でも、持っているに越したことはない技術です。ですが、プログラミングの技術は日々進化していますし、その範囲はとても広いものです。本職であるプログラマーにとっても、それら全てを把握するのはかなり困難と言えるでしょう。

そもそも転職先の企業によっては、プログラム関連業務は一切任されなかったり、既に社内プログラマーがいたり、全てのプログラミングを外注委託している場合もあります。この場合であれば、プログラミングのスキルは必要ではないと言えますね。とはいえIT関連全てを任されるわけですから、最低限必要な知識やスキルは身に着けておき、その後は必要に応じて都度学んでいくという形がベストと言えそうです。最低限と言うと、こういったシステムを作るのに最適な言語はこれで…といったようなことが分かれば良いのではないでしょうか。必要なことに関しては、実際にプログラマーと打ち合わせをする機会で学んでいけばいいのです。

たとえば家の設計士は、家を設計することはできても、家を建てることはできません。一方、大工は家を建てることはできても、家の設計はできません。お互いが持つスキルで協力し合い、一つの家が建つのです。これはまさにSEとプログラマーの関係そのものです。先程の例のように、お互いの協力があって成り立っていますよね。ですから、社内SEとして転職先で働く場合際には、プログラミングのスキルよりも、これまでと同じようにチームとして協力しながら業務を行っていく、といった態度や精神がとても重要になってくる訳です。

社内SEに必要な○○スキル

社内SEとして働く上で、これまでとは違った能力やスキルが必要なのか、社内SEに転職を考える時に、何か特別なスキルを持った上で転職活動をした方がいいのか…。転職する上で大きな不安を感じる部分ですよね。どのような会社で働くかにもよりますが、結果から言ってしまうと、大抵はこれまでと同じような能力やスキルで対応することが可能です。これまでと同じ、というとどんなスキルが必要となってくるか、という部分を詳しくお話していきましょう。大きく2つに分けて、次のようなスキルを求められます。「コミュニケーションスキル」と「技術的スキル」です。かなり大まかなので、詳しい説明をしていきます。

まず「コミュニケーションスキル」について詳しく見ていきます。社内SEの業務として、社内のIT関連の要望やトラブルへの対応があります。つまり、まずどのようなシステムが必要なのが、発生しているトラブルはどういった内容なのか、について社員からヒアリングすることが求められます。その説明をする社員が、専門用語をほとんど知らないような、ITについてあまり知識のない社員であることも少なくないでしょう。そんな時にも相手の話を一生懸命聞き、要望やトラブルを解決するために必要な事項をしっかりと聞き出すことが必要となります。そこで欠かせないのが、「コミュニケーションスキル」なのです。

例えば、これまでの経験の中で、打ち合わせをするときに相手にこちらの言うことをきちんと聞いてもらえず、話が噛み合わなかった…といったことがあったかもしれません。そんな人とする仕事はなかなか上手くいきそうにないですよね。社内SEは社員の言葉をしっかりとヒアリングし、社員の問題や要望を把握することが最初の重要な業務といえます。